普通自動車の廃車の種類

普通自動車の廃車手続きの方法は、廃車の種類によって異なります。

廃車の種類には、一時抹消と永久抹消と解体届出があります。

一時抹消は入院や海外出張等で車をしばらく使わないときに行います。

車は使っていないときでも税金がかかります。

しかし、一時抹消手続きをしているとその期間は税金を免除されるのです。

一時抹消をすることによって、ナンバープレートを陸運局へ返却することになるので、その車は公道を走れなくなります。

車をふたたび使うときには、また手続きをしてナンバープレートを取り付けるということになります。

永久抹消登録と解体届出はどちらも車をスクラップして乗れなくしたという証明ですが、永久抹消は乗っていた車をスクラップして乗れなくしたという証明の手続き、解体届出は一時抹消で廃車手続きをしていたけれど、解体したという手続きとなります。

手続きはすべて陸運局へ行って行うことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です