一時抹消登録した車を再び使えるようにするには

廃車した車のナンバーを取り直すことによって、ふたたび公道を走ることができるようになります。

廃車と言っても、スクラップにして乗れなくするような廃車ではなく、ナンバープレートを外すことによって廃車とした一時抹消登録です。

一時抹消登録では、車そのものはまだ乗れる状態であるので、陸運支局のコンピューターには車の情報が残っているのです(解体をして廃車をした、永久抹消登録ではコンピューターから車の情報は消去されます)。

一時抹消登録をした車を再び乗れるようにするためには、中古車であっても新車の新規登録と同じ手順を踏みます。

新車とまぎらわしいので、廃車にした車を登録する場合には「中古車新規登録」と呼びます。

中古車新規登録は、車両の点検(新車の点検と同じもの)が課せられ、公道を走っても安全であることが確認できてから手続きが行われます。

検査に合格したら、陸運支局でナンバープレートを交付してもらい、新規登録という手続きを踏んだのちに公道が走れるようになるのです。

一時抹消登録に必要なもの

自動車の一時抹消登録をするために必要な書類は、自動車の所有者の印鑑証明書(発行から3ヶ月以内のもの)、車検証、車の前後についているナンバープレート、手数料納付証明書、一時抹消登録申請書、自動車税・自動車取得税申告書、所有者以外の人が申請に行く場合には所有者の実印の押してある委任状です。

住所が変更になった場合や氏名が変更になった場合には、それぞれ住民票(発行から3ヶ月以内のもの)、戸籍謄本(発行から3ヶ月以内のもの)が必要になります。

なお、住所が頻繁に変わっている場合には、つながりが分かるようにそれぞれの住民票(除票)か戸籍の附票が必要となります。

名前や住所など各種変更が必要な場合は、その変更手数料が必要となります。

そのほかに、業者に廃車手続きの代行を依頼すると、そのお店に支払う代行手数料が必要となります。

自動車の一時抹消登録とは

自動車の一時抹消登録とは、海外出張や長期入院などで自動車を一時的に使用しない場合、ナンバープレートを陸運支局に返納することで、仮の廃車手続きをすることができます。

もちろん、車はそのまま残っていますので、ふたたびナンバープレートの発行手続きをすれば、公道を走ることができるようになります。

一時抹消登録に必要な書類は、発効日から3ヶ月以内の所有者の印鑑証明書、車検証、前後2枚のナンバープレート、所有者本人が手続きに出向かない場合は所有者の実印が押してある所有者の委任状が必要となります。

車検証に記載されている所有者の住所や氏名が印鑑証明書と異なる場合は、住民票や戸籍謄本(いずれも発行から3ヶ月以内のもの)が必要となります。

住所や氏名の登録事項の変更を行ってから一時抹消登録を行うことになるのです。

普通自動車の廃車の種類

普通自動車の廃車手続きの方法は、廃車の種類によって異なります。

廃車の種類には、一時抹消と永久抹消と解体届出があります。

一時抹消は入院や海外出張等で車をしばらく使わないときに行います。

車は使っていないときでも税金がかかります。

しかし、一時抹消手続きをしているとその期間は税金を免除されるのです。

一時抹消をすることによって、ナンバープレートを陸運局へ返却することになるので、その車は公道を走れなくなります。

車をふたたび使うときには、また手続きをしてナンバープレートを取り付けるということになります。

永久抹消登録と解体届出はどちらも車をスクラップして乗れなくしたという証明ですが、永久抹消は乗っていた車をスクラップして乗れなくしたという証明の手続き、解体届出は一時抹消で廃車手続きをしていたけれど、解体したという手続きとなります。

手続きはすべて陸運局へ行って行うことになります。