軽自動車における解体届出

解体届出とは、一時使用中止(自動車検査証返納届)で廃車を行った自動車を、やっぱり乗ることがないからということで解体業者にスクラップしてもらった場合に申請する手続きのことです。

普通自動車の場合も解体届出といいますが、これと同じことです。

普通自動車の場合には、自動車税を多く還付してもらうために、いったん一時抹消登録を行ってから、還付手続きをし、改めて解体届出をするというケースもありますが、軽自動車の場合にはそもそも廃車にしても自動車税の還付を受けることはありません。

自動車重量税や自賠責保険料は、場合によっては還付を受ける場合もありますが、額が少ないので手間隙を考えたら、普通自動車のように一時抹消登録(一時使用中止)を行ってから解体届出を行うというのは合理的ではないでしょう。

ですから、軽自動車の場合は海外出張や長期入院などで数ヶ月車を使わないということで一時使用中止の手続きを行ってから、乗る人がいなくなったということで解体するという流れが一般的なケースとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です