車検証を紛失・汚損した場合の廃車

車に乗っているときには、自動車検査証(車検証)を必ず携帯していなければなりません。

また、廃車の手続きを行う際には一時抹消手続き(軽自動車の場合は一時使用中止)、永久抹消登録(軽自動車の場合は解体返納)いずれの場合にも車検証がなければ手続きをすることができません。

何らかの理由で車検証をなくしてしまった場合には再発行をしてもらわなければなりません。

廃車手続きをするためだけでも、車検証の再発行を受けなければならないのです。

車検証の再発行の場合には、申請書(OCRシート第3号様式)、手数料納付書(登録手数料として300円が必要です)、住民票などの使用者の確証となる書面、始末書(OCRシートに記入しても可)、紛失届け(紛失した明確な理由と、もし見つかったら返納するという旨を記入した書面)、車検証(汚したり破れたりしたものがあれば持参)、認印、代理申請の場合は委任状が必要となります。

普通自動車の場合は陸運支局、軽自動車の場合には軽自動車検査協会で申請し、車検証の再発行を受けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です