解体届出の申請の流れ

普通自動車の解体届出は陸運支局で行いますが、軽自動車の場合は自動車検査協会で行います。

申請に必要なものは解体届出書(OCR軽第4号様式の3 届出書兼申請書)と印鑑です。

印鑑は申請には必要ありませんが、記入もれがあった場合に訂正印を求められることもありますので、準備しておいたほうが良いでしょう。

軽自動車検査協会ではまず最初に総合受付窓口に行きましょう。

ここで申請の流れについて教えてくれます。

また、必要書類を入手していない場合には、どこで入手したらいいか教えてもらいましょう。

書類に記入します。記入方法については、筆記机にも貼ってありますが、分からないことがあれば聞くと良いでしょう。

ナンバープレートは一時使用中止のときに返納していますので、書類を提出すれば申請は終わりです。

念のため、提出後に待機しなければいけないかどうかを確認しておきましょう。

自賠責保険の還付がある人は、申請と同時に確認書類の申請も行っておきましょう。

簡易な通知書では証明にはなりませんので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です