解体届出とは

自動車の解体届出とは、一時抹消登録を行ったのちに、やっぱり車をスクラップにして乗らないようにするという場合に、申請する方法です。

海外出張や長期入院などで、自動車を一時的に使わない場合に一時抹消登録して、その後やっぱりスクラップにするという場合が多いですが、もともとスクラップにする予定だったけれど一時抹消登録→解体届出と2段階で手続きをするという場合もあります。

なぜ、そのようなことをするのかというと、一般的にスクラップ業者に車のスクラップを依頼して、自動車リサイクル法に基づいた適切な処理をしたのちにスクラップにし、解体証明書を書いてもらえるまで、早くても2~3週間かかるからです。

普通自動車の場合には、廃車をすると自動車税や自賠責保険料が月割りで還付されます。

2~3週間かかると月またぎとなってしまって、還付される額が少なくなる可能性もあるので、とりあえず一時抹消登録を行って自動車税や自賠責保険料の還付申請を行ったのちに、解体の依頼を行うという方法をとる場合もあるのです。

一時抹消登録には手数料もかかりますし、陸運支局に2度足を運ばなければならないので、どちらが得かをよく考えて行う必要はあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です