自動車重量税の還付のための手続き

自動車を廃車にすると、自動車重量税は月割りで還付されます。

ただし、これには条件があり、自動車重量税を納付している当該車両がリサイクル法に基づいて適正に処理された場合ということに限ります。

ですから、一時抹消登録(一時使用中止)や海外への輸出のための廃車など、解体を伴わない場合には自動車重量税の還付はありません。

また、申請期間にも制約があります。

自動車重量税の還付を受けるためには、永久抹消(解体返納)の手続き、または解体届出の手続きと同時に行う必要があります。

永久抹消手続き(解体返納手続き)や解体届出手続きよりも早くても遅くても認められません。

自動車重量税の還付申請書は、永久抹消登録申請書または解体届出書と一体となっています。

ですから、それに必要事項を記入し、廃車手続きと同時に行います。

還付金は銀行振り込みまたは郵便口座への振込みで受け取ることになります。

インターネット専業銀行は指定口座にはできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です