自動車税の還付のための手続き

自動車税は、4月1日時点で自動車を所有している人に対して課税される地方税です。

原則として1年分を前払いするシステムとなっています。

ですから、年度途中で廃車をした場合には、払いすぎとなってしまいます。

ですから、手続きをすれば払いすぎている分が月割りで還付されるのです。

自動車税は、自動還付となっており特別な申請手続きは必要ありません。

廃車手続きをすれば、抹消登録から2~3ヵ月後に、還付額が計算されて支払い通知書が送られてきます。

支払い通知書は、指定銀行に持っていって還付手続きをすれば現金と交換してくれることとなっています。

もし、自動車税の還付を現金で受け取るのではなく口座振込みで希望する場合には手続きが必要です。

抹消登録から1週間以内を目安に、税事務所に口座振込み依頼書を提出しておくと口座振込みで還付金が支払われます。

税事務所は陸運支局と併設されていることが多いので、廃車手続きのついでに寄ると良いでしょう。

なお、軽自動車の場合はもともとが年払いなので、廃車手続きを行っても自動車税の還付はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です