自動車税が未納の場合の廃車

自動車税が未納の場合は廃車手続きをすることはできないのでしょうか?

そんなことはありません。

自動車税に未納の部分があったとしても、解体・廃車手続きは問題なく行うことができます。

ただし、廃車になったからといって未納分の税金が免除になるわけではありません。

税金はきちんと納めなければなりませんし、もし滞納を続けていると給料や家財道具などの差し押さえを受けるかもしれません。

その前に追徴課税がどんどん加算されてしまって、払いきれなくなってしまいます。

そうなる前に、少しでも早く未納分の自動車税を支払うようにしましょう。

税事務所に相談に行くと、廃車をした月までの税額で計算しなおしてくれて、その分だけを払えばいいということも可能となります。

1年分払ったとしても、払いすぎている分は戻ってくるので、その分を先に計算して引いてしまうのです。

軽自動車の場合は年計算となりますので、払い戻しはありませんし、減額もありません。

1年分をきちんと払いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です