自動車の一時抹消登録とは

自動車の一時抹消登録とは、海外出張や長期入院などで自動車を一時的に使用しない場合、ナンバープレートを陸運支局に返納することで、仮の廃車手続きをすることができます。

もちろん、車はそのまま残っていますので、ふたたびナンバープレートの発行手続きをすれば、公道を走ることができるようになります。

一時抹消登録に必要な書類は、発効日から3ヶ月以内の所有者の印鑑証明書、車検証、前後2枚のナンバープレート、所有者本人が手続きに出向かない場合は所有者の実印が押してある所有者の委任状が必要となります。

車検証に記載されている所有者の住所や氏名が印鑑証明書と異なる場合は、住民票や戸籍謄本(いずれも発行から3ヶ月以内のもの)が必要となります。

住所や氏名の登録事項の変更を行ってから一時抹消登録を行うことになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です