所有者が亡くなった場合の廃車手続き

自動車の所有者が亡くなった場合の廃車手続きは、少々複雑です。

相続人が1人の場合は、遺産相続の手続きとしての移転手続きを行い(自動車の名義人の変更)、抹消登録を行います。

通常の廃車手続きに必要な書類に加えて、所有者と相続人とのつながりを示すための戸籍謄本と、相続人の印鑑証明書(発行後3ヶ月以内)が必要になります。

複数人の相続人の中から1人を選んで相続し、廃車を行う場合には所有者の変更を行うための移転登録を行ったのちに廃車(抹消登録)をしますが、必要な書類が多くなります。

遺産分割協議書(誰にどれだけの遺産を分割するのかということを明確にした文書。車の相続人を明確にするため)、相続人全員が記載されている戸籍謄本(元の所有者=故人とのつながりを証明するため)、協議で決定した相続人の印鑑証明書(発行から3ヶ月以内のもの)、単独相続する人の実印を押した委任状が必要となります。

複数の相続人が共同で相続する場合には、名義変更を行うための移転登録、抹消登録に必要な書類、相続人全員が記載されている戸籍謄本と印鑑証明、相続人全員の実印を押した委任状が必要となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です