所有権留保の解除手続きに必要なもの

ローンを組んで自動車を購入した場合、自動車の所有者が自動車販売店やクレジット会社になっていることがあります。

その状態を所有権留保といい、そのままでは廃車をすることができません。

ローンの支払いが終わったあとも、所有者をそのままにしておいても通常使う分には何ら問題はありませんが、所有者としての権利がないままとなりますので、支払いが終わったら所有権留保の解除をしてもらいます。

販売業者に所有権解除を依頼する場合には、使用者(自分)の印鑑証明書、実印を押した委任状、自動車検査証(車検証)、自動車税納税証明書、実印・認印です。

自分で所有権解除の手続きを行う場合には、申請書(第2号様式のOCRシート)、手数料納付書(登録手数料は500円)、自動車販売店やクレジット会社の実印または代表者印が押してある譲渡証明書、旧所有者(販売店やディーラー)と新所有者(自分)の3ヶ月以内に発行された印鑑証明書、旧所有者の実印を押印した委任状、車検証、実印・印鑑が必要となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です