他県で廃車手続きを行う場合

違う都道府県のナンバーの車を廃車にすることはできるのでしょうか?

たとえば、大阪で車を取得して大阪ナンバーだったけれど、東京に引っ越した、車検が近いのでナンバープレートはそのままにしていたが事故にあって廃車にせざるをえなくなったというような場合です。

通常では、ナンバーに書かれている都道府県を管轄している陸運支局や軽自動車検査登録事務所でしか廃車の手続きを受け付けないのですが、このケースのように引っ越しをして居住区のある都道府県の陸運支局や軽自動車検査登録事務所でも廃車の手続きをすることができます。

この場合、通常の廃車手続きに加えて移転抹消・転入抹消という手続きが加わります。

つまり、廃車手続きと同時に住所の移転をするのです。

手続きに必要なものは、氏名・住所変更に必要なOCRシート、住民票など住所が変わったことを証明する公的書面、手数料350円程度です。

代理人が申請する場合は、所有者の委任状も必要となります。

なお、軽自動車を別の地域で廃車にした場合には、税止め・税廃止の手続きの代行を依頼しておくことも忘れないようにしましょう。

代行は有料ですが、自分でしようとすると、かなり複雑になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です