一時抹消登録を解除する際に必要な書類

一時抹消登録をした自動車を再び乗れるようにするための、中古車新規登録に必要な書類について説明します。

まず、もっとも重要な書類は、登録識別情報等通知書です。

登録識別情報等通知書とは、一時抹消登録(廃車手続き)をしたときに、陸運支局から交付される書類のことです。

ですから、一時抹消登録をしたときに発行される登録識別情報等通知書をなくしてしまうと、中古車新規登録をすることができないので注意しなければなりません。

ほかに必要な書類は申請書(OCRシート。第2号様式や専用1号様式を使用する)、手数料納付書(収入印紙を貼り付けたもの)、所有者の印鑑証明書(発行から3カ月以内のもの)、自動車保管場所証明書(いわゆる車庫証明。発行から1カ月以内のもの)、自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責保険のこと。登録者の車検の有効期間をカバーできるもの)、定期点検整備記録簿(2年点検を行って、その結果が記入してあるもの)、自動車検査票、重量税納付書、自動車税・自動車取得税申告書が必要となります。

所有者が申請に行かない場合は委任状(所有者の実印が押してあるもの)、車を譲渡する場合は譲渡証明書(前の所有者の実印が押してあるもの)も必要となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です