一時抹消登録の流れ

一時抹消登録の流れを説明します。

事前に、印鑑証明などの必要な書類を準備します。

当日は、陸運支局で手数料納付書、一時抹消登録申請書、自動車税・自動車取得税申告書の配布を受け、必要事項を記入します。

その後、登録手数料の支払いを行い、手数料納付書に貼り付けます。

書類を書き終わったら、はずしたナンバープレート(前後の2枚)を陸運支局のナンバー返納窓口に出し、手数料納付書に確認印を押してもらいます。

書類一式を運輸支局の窓口に提出します。

問題なければ、登録識別情報等通知書が交付されますので、それを受け取ります。

この書類は、一時登録を解除してふたたび乗り始めるときの手続きや、やっぱりスクラップにして解体登録をするというときに必要となりますので、大切に保管しておきましょう。

車自体の一時抹消登録が終わったら、税金関係です。

自動車税事務所の申告窓口に自動車税・自動車取得税申告書と、登録識別情報等通知書を提出します。

そうすると、普通車の場合は後日、自動車税が月割りで還付されます(軽自動車の場合は、そもそもの自動車税が安いので還付はありません)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です