一時抹消登録した車を再び使えるようにするには

廃車した車のナンバーを取り直すことによって、ふたたび公道を走ることができるようになります。

廃車と言っても、スクラップにして乗れなくするような廃車ではなく、ナンバープレートを外すことによって廃車とした一時抹消登録です。

一時抹消登録では、車そのものはまだ乗れる状態であるので、陸運支局のコンピューターには車の情報が残っているのです(解体をして廃車をした、永久抹消登録ではコンピューターから車の情報は消去されます)。

一時抹消登録をした車を再び乗れるようにするためには、中古車であっても新車の新規登録と同じ手順を踏みます。

新車とまぎらわしいので、廃車にした車を登録する場合には「中古車新規登録」と呼びます。

中古車新規登録は、車両の点検(新車の点検と同じもの)が課せられ、公道を走っても安全であることが確認できてから手続きが行われます。

検査に合格したら、陸運支局でナンバープレートを交付してもらい、新規登録という手続きを踏んだのちに公道が走れるようになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です