ローンが残っている場合の廃車

自動車をローンで購入した場合、ローンが残っていたら自動車を廃車手続きすることはできません。

なぜなら、ローンが残っている間は、自動車の名義が販売店やクレジット会社の名義ということで車検証に登録が行われているからです。

所有権留保といって、販売店やクレジット会社の許可を得なければ廃車の手続きをすることができないのです。

所有権留保になっているかどうかは、車検証の名義人のところを見ると分かります。

名義人のところが、販売店やクレジット会社になっている場合は所有権留保となっています。

一般的に銀行でローンを組んで自動車を購入した場合は所有権留保にはなりません。

もし、所有権留保になっていたら、勝手に廃車手続きをすることができませんので、販売店やクレジット会社に相談することになります。

廃車の承諾を得るためには、ローンの残りを一括清算するか、特例を受けて廃車にするしかありません。

特例が認められるのは、事故や修理できないほどの重篤な故障の場合のみということで、証拠が必要となります。

また、廃車が絶対条件であり、事故を偽って転売することは許されません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です